Miyakai's daily irony

ツイッターじゃ長すぎて伝えられないこととか日常で起こったことに対する皮肉を長々と述べていこうと思ってます

ハリボテ謙虚と本当の謙虚さとは

物理教師がクソ

 

以前からしょっちゅう口にしていたことの一つである

昨年度の2月、俺はその教師に怒りをぶつけた

自分のやりたい計画を真っ向否定され、おまけに内職を咎められ腹が立ったのである

 

すぐさま学年で噂になった

伝わった噂は俺が「お前の授業受けてても未来が見えない」的なことを言ったと

ここまで荒々しい言葉は使ってないが言ったニュアンスは事実である

すぐさま教師は優しめに反論した(怒らないタイプの教師である)

そしたら同じクラスの奴が論理攻めを食らわせ、まあ昼休み呼び出しをくらったわけだ

しかしその時の言葉がこんなかんじだった

「さっきの話の詳細を聞かせて欲しい、もう少し具体的に」

そして昼休み、友達が俺らの思ってることを分かりやすく伝えた

教師は言った

「なんとかする」と

俺は思った

この人は謙虚ではあるのだと

 

そして学年も上がり

クラスがバラバラになり、その友達は別の教師に物理を教えてもらっている

友達の物理教師は最高らしい

俺は同じ教師だった

最初は期待していた

しかし、何も変わっていなかった

俺はひどくショックを受け、怒りでいっぱいだった

友達がせっかく言ってくれたことはなんだったんだ、俺のためにあいつが骨折り損したようなものじゃないか

 

 

そして一昨日、今国語を教えてもらってる先生を見てこう思った

アレ?いい先生ほど参考書とか見てるんじゃないか…?

その古典の先生は、読解のコツを教えるときに参考書を見ていた

研究してるんだなぁ…どう噛み砕けばいいか

 

 

と、いうわけで今日その物理教師に説明の参考にしてる参考書を聞きに言った

ここで俺はその教師が教科書と答えたら授業受けるのをやめて(まあ最近はコソコソ内職に変わってたが)堂々内職に変えようかと思った

 

俺「説明の時参考にしてる本はないのですか?」

先生「いや、教科書だけだよ!それを噛み砕いて説明してる」

今思えばよくその場で怒鳴らなかったと思う

俺は思った

何が噛み砕かれているんだ、あんたのノートにはいきなり意味不明な単語が出てくるじゃないか。生徒の反応を見ろよ…

その後強いて言えば…とファイルを見せてくれたが常人にはわからんものだった(出展先も明かさず)

俺は納得したフリをして、その物理教師の元を後にした

正直、裏切られた気分が大きかった

おまけに自分の説明に対してヤケに自信があるようだった

この人の謙虚さは、態度だけのようだ

そして善意で塗り固めて文句が来にくくなるようにしてる

まるでハリボテのような謙虚さだと感じた

このような人間にはなりたくない

 

ところでさっき俺は仮説を立てた

悪い例だけじゃダメだ

ってなわけで良い例であることを信じて化学の先生のところへも質問へ行った

回答はこうだった

「見せてあげるから後でおいで!」

ビンゴだった

ってなわけで俺は放課後化学準備室へと赴いた

 

最近、ちょくちょく質問しに化学準備室へと来ている

なので授業で全く関わらない先生からも顔を覚えられてしまっていた笑

 

まあそれはさておき、5分くらい何がオススメか、化学準備室にいる3人の先生からお話を聞かせてもらった

そしてこう言った

「気になるのあったら貸してあげる!参考書を買うかどうかはそれで決めな!」

まあボチボチ見てた

そしたら驚いたことに物理の参考書まであった

俺は誰のか聞いて見た

そしたら授業で全く関わったことのない先生のものであった

その先生もこう言ってくれた

「借りパクしないなら貸してやるよ、GW中に読みな!」

俺はその善意に甘え、物理の参考書2冊と化学の参考書1冊を借りて来た

ちなみに本を貸してくれた化学の先生、前の学校で物理を教えてたらしい

なので思い切って聞いて見た

俺「教科書だけだとやっぱり難しいんでしょうか?」

先生「いや、いいとは思う。ただ難しいから一冊だけ用意しといたほうがいい、一冊だけな」

 

俺は思った

この先生の方が物理教えるのうまい気がする…と

言い忘れたが3人の化学の先生全員が参考書をしっかりと見ていた

どこが分かりやすいか付箋を貼っていたりなど気合が半端ではなかった(特に今年教えてくれてる先生)

自分じゃなんとかできないところだけではなくもっと分かりやすい説明はないのか、それを求めている先生がそこにはいた

これこそ本当の「謙虚さ」だと俺は思い知らされた

 

さあ皆さん、僕のように「ハリボテ謙虚」に騙されていないかもう一度見直して見て欲しい

 

態度は良くても為にならなければ意味がない

常に自分をブラッシュアップし続けること

彼らが本当の謙虚さだと感じた今日だった

 

また意見は変わるかもしれない、でもこの「ハリボテ謙虚」のエピソードは揺らぐことはないだろう

 

最後に

今回は特に長いエピソードでしたがここまで読んでいただきありがとうございました

 

本日はこの辺で…

J.BOY/浜田省吾 を聞きながら

懐かしい記憶とprinciple

今年また同じクラスになった友人からもっと更新頻度を増やして欲しいとのリクエストがあった

昨日かけそうなネタがあったため早速書こうと思う

 

 

昨日塾からの帰りにコンビニに寄った

自分は店頭に並んでるコロッケとか焼き鳥とかが大好きなのでまあ並んだわけだ

そしたら一人レジ近くでウロウロしてる女性が

先に並んでるのかと思いその人の後ろ並んだらまあ譲ってくれたのだが…

無言でジロジロみられた

その時はピンと来なかったのだが、コロッケを食ってて思い出した

多分小学校のとき児童会で一緒に仕事していた人だった

自分の持っている記憶を引き出した

確か…いつも騒いでた隣のクラスで児童会やってて…んで中学行って虐められて不登校になったんだっけ…

 

このとき思った

人間も動物なのだと

手段が変わっても弱肉強食は変わらない

肉体面がメンタル面に変わっただけの話だ

 

自分としては、少し話を聞いてみたかった

何があったのか、そして今は何をしているのか

何が夢で、叶えるための筋道はたっているのか

 

 

 

話は変わるが、自分の小学校5、6年の時のクラスは決していいものではなかった

隣のクラスはいつも楽しそうで自由だった

隣の担任は体罰をやりすぎる教師だったが熱い人で俺は好きだった記憶がある

生徒にも寄り添ってた

対して自分の担任は5、6年と両方違ったのだが、2人共冷たかった

とくに5年の担任は酷かった

常に女子の味方でなんとやられたことか

でも今思えば逆にその理不尽な経験が良いものだったと思える

当時バカと言われたらワンワン泣きだすくらい豆腐メンタルだった自分は不登校になりかけたが強引な親のおかげで無事不登校にならずメンタルを強くして卒業できた

その代わり楽しい思い出はほとんどなかったが

自分のクラスはいじめで一人転校、また一人はその後ずっと虐められてた

俺はそのとき後者を庇っていたが今思えばその虐められていた奴は報復を受けて当然な態度を取っていたと思う

先生に言えばなんとかなる、自分こそが正しい

おや?どこかの政治集団と似通ってる気が…

まあこれは置いといて!

 

 

対して隣のクラスの生徒のその後は散々な人が多かった

聞きかじった話だと

生活態度が悪いのに人数がいないなら俺がやるしかないだろう生徒会に立候補しようとし、断られた奴

さっきの人みたくいじめに屈して不登校になったり酷いケースだと転校した奴

 

同じ中学に行った奴でも不登校になった人がいた

今思えば隣のクラスは、傷の舐め合いをしていただけなのだろう

こうして一部メンツが弱くなった

その担任がどうなったかって?体罰で訴えられて今は普通になってしまったらしい

 

傷の舐め合いだけはやめろとよく聞くがこのブログを書いていてその言葉が胸にしみる

俺があのとき隣のクラスにいたら俺はバカと言われてワンワン泣いてたままだったかもしれない

癇癪をもっと起こしやすかったかもしれない

 

この世には何れ守ってくれる人はいなくなり、傷の手当てをしてくれる人もいなくなる

常にこれを意識しようと思った自分であった

 

最後に

最近自分はすごく具体的な道を立てた2人に出会った
自分の学校は大体大学進学なのだがその2人は簡単に言えば早く手に職をつけたいから、あえて専門学校へ進むらしい
周りから大学を早々に諦めたと思われ変な差別にあってるらしいが、まあこの話はまた今度

こういう人こそがメンタルの強い人なんじゃないかなと思う

不当な差別を受けても決して曲げていない

 

みなさんも自分なりのprincipleを持ってみてはいかがでしょう?

無ければ3ヶ月ほど自分を「よく見て」、いろんな本、とくに歴史人物の伝記を読んでどういう自分になりたいかを考えて見たら自分なりのprincipleが見つかるのではないのでしょうか

それが自分のメンタル強化に繋がると思います

 

久しぶりの更新だけに長文となってしまいました

拙い文章をご覧いただきありがとうございました

 

渇き/カルロストシキ&オメガトライブ を聴きながら

クラス解散

今日、進級のためクラスが解体された

まあ当たり前…だけど今思えば高1初期の頃想像もしなかった楽しい暮らしができた

 

俺の青春はここにあったのか

周りの個性が強すぎるメンバー、それを受け止める優しい人たち

 

男子の大半は変わらないが、女子ほぼ全員と男子が少し変わってしまうのが残念だ

 

女子とはあまり関わることができなかったが学祭のときトラブルが皆無だったのは女子がうまく取り仕切ってくれたからだ

 

今、車の中にいる

思い出がいま走っている景色のように過ぎ去っていった、そんな感じだ

 

クラス会はまだある、だけどもうこのメンバーで日常を過ごすことはできない

記憶として残して、俺は美化しようと思ってる

 

最後に

今までこんなに楽しいクラスは初めてでした

改めて全てのクラスメンバーに感謝申し上げます

自分はうるさくして様々な迷惑をかけたとは思います、申し訳ありません

 

来年、お互いに夢を叶えるためにまた何かしらの機会で関われれば幸いです

1年間お世話になりました!

 

村下孝蔵/午前零時 を聴きながら

 

自動車雑誌の裏手から

どうも、お久しぶりです

まあ今日は結構心にきたことがありまして…

とりあえず読んで見てください…

 

 

先ほどペンのインクを買いに本屋へ行った

本屋に行くと自分は必ず寄るコーナーがある

そう、自動車雑誌のコーナーだ

 

ちょうどその裏手に風俗情報誌が大量にあり、一部が見えた

さすがは北の歓楽街、すすきののある土地…

(すすきのの情報誌がたくさんだった)

そして自分はとある一つの情報誌に目が止まった(もちろん手にはとってない)

本当によくいる感じの娘が色々な格好で写真に写っていた

そしてこう書いてあった

人気ナンバー1の〇〇ちゃんが復活!

 

自分はこれを見ていろいろ思った

ただ一つ言えることは風俗に行く気がさらに失せたことである

本人がどう思っているか別として、自分はなにかもどかしい感情を持ってしまう

ましてやその人もただの人だ

今が昔みたいな世界ならある程度の階級があったのなら気にしなかったと思う

 

いろいろ考え込んでしまった

風俗業を否定するつもりはない、むしろある程度は必要だと思う

ただ俺は、いろいろ思って使えないだろうなぁ

そう思いながら自動車雑誌を読んでいた

 

自分の欲、特に性欲出せる場がなさそう、そう思った今日出会った

 

いかがでしょうか?

それでは今日はこの辺で

 

渇き/カルロストシキ&オメガトライブ を聴きながら

馬鹿と人情2

今日は誕生日でした、ハイ

 

同じクラスにまさか四人も誕生日一緒の人がいるとは…それも全員濃いメンツ

2月7日に嵐が起こると思ってたがここまでとは…

朝、教室の後ろを見ると…クリームだらけであった

同じ誕生日のやつがパイを食らったらしい

そして机にはカップラーメン(お湯入り)が…

昨日のラーメンのせいで食べる気が起きず、結局食べてもらいました…

 

これ、全部1時間以内の出来事です

もうメチャクチャですwwww

 

まあ、その他諸々学校や塾でプレゼント貰ったんですけど…今まで何も誕生日プレゼントをあげてない自分がこんなにプレゼントをもらっていいのかという気になりました…

 

そんな中、塾の仲間から感動する言葉が出てきまして

何があったかといいますと

友達「誕生日だからなんか奢ってあげるよ」

俺「いや、でも俺誕生日に何もあげてないし…返せるかどうかもわかんないよ」

友「いいよ、いてくれることが恩返しだから」

 

サラッとこういう事を言われ、しばらくの間感動してました

学校のみんなも(多少ネタ要素あるかもしれないけど笑)そういう気持ちでプレゼントくれたんだなぁ…まだ自分は必要とされていたんという事を確認できました

嬉しかったなぁ…

 

それともう一つ

今日、昼休み色々馬鹿をやったわけです

廊下がパイまみれに…笑

みんなで掃除しました

 

馬鹿やってない人たちはどうやって幸せを感じているのか、どういう趣味持ってるんだろうなぁ…

真面目に生き過ぎても、ストレスが溜まるだけ…

たまーにこのようなはっちゃける日があった方が幸せなんじゃないの?

バカな方が幸せだと感じた、今日でした

 

No.1/槇原敬之 を聴きながら

僕を必要としてくれている全ての人に感謝

人情

とっとと更新しろやと催促のメールがはてブロから来た

ちょうどいいネタも見つけたし久しぶりに描いてみようと思った

どうも、現在インフルなう(元気)なMiyakaiです

さて、インフル発症する前に塾へ行ったんですよ

まあそこで感じたことがいろいろありまして

 

実は塾の物理について行けなくてやめました

基礎レベルの講座が設けられればもう一度出るつもりですが…

まあそれはさておき、実はその話を物理の先生抜きにして進めてたわけです

さすがに先生に直接言うのは気が引けて…

12月初頭から相談してました

冬期講習を受け、結果やめることに…

 

その日の授業は化学→物理と進むのです

化学が終わったあと自分はさっさと出て行こうとしたら…もう一人出て行く人が

 

まさか!と思い尋ねてみました

俺「やめたん?」

その人は「うん、だってわからないもの…」と答え、少し話した後にそそくさと帰って行きました

化学の先生に質問がなければ自分もそうしたでしょう、さすがにやめる教科の先生と話すのは気がひけるので…

しかし運命のいたずらというものでしょうか、質問が終わった瞬間に物理の先生が向かってくる…笑笑

覚悟を決めるしかないと思いました

俺「こんにちわー」

先生「こんにち…あ!そうだ!今日から授業どうするの!?」

俺「申し訳ございませんが今日からしばらく自分で勉強することにしました…」

先生「あ、いいよ!ちょっとこの問題難しかったから仕方ないよ…わかんなかったら質問しに来て!受験終わるまでは面倒みるって約束するから!」

自分は感動してしまいましたよ…大手塾・予備校なら考えられない…

授業の休み時間とかにもちらほら様子を見に来てくれ、自分にとっての居場所がまたさらに増えたような感覚がしました

一方自習中に先生同士でこんな会話が…

物理の先生「そういえば〇〇(さっき少し話してた人)どうしたんですかねぇ…やめるとか聞いてましたけど」

化学の先生「あれ…今日来てたような…」

その時思いました…

あの時自分がそそくさと帰っていたらどうなっていただろうと

 

そんなことがあった日でした

物理と化学の先生にインフルエンザがうつってないことを祈って

My revolution/渡辺美里 を聴きながら

それではまた!いつかくかわかりませんがお会いしましょう!

 

高校英語教育

いつも自分は学校で英語を一応教えている

しかし自分では納得していない…

はっきり言えば相手がわかったという感触がないのだ

 

そこでプロである塾の先生に自分の思ったことを伝えて見た

自分は思ったことを伝えた

「今本当に英語ダメになってる人って中学からダメになってると思うんですよ…」

 

塾の先生はこう言った

「確かに、教育の仕方が悪かったのかもね。数十年教えて見たら本当にわかるよ」

 

さらにこう言った

「多分、今のお前はわかっててもそう言う事情が見えない。お前は英語に関してそう言うことがなかったから。将来学生バイトとかで教えたらわかるよ。」

 

この言葉を聞いて、さらにこう思った

 

現場が見たい

 

大学行ったら将来絶対英語の学生バイトをしよう

多分文部省はどう言う教育方針に変えたらいいのか見えてくる

 

正直、中学英語と高校英語の世界はまるで違う

簡単に言えば「カンでやれるかどうか」だと思う

中学の頃から文法、特に版の要素を見つける訓練をしてないと絶対に困る、そして教えられない

やっぱりこうじゃないか…

仲間内で英語の勉強について話してても自分が思っているのは常にこんなこと

 

 

自分にはそれを教えてくれる人が偶然にもいた

かなり恵まれたと思う

 

自分も将来、そのくらい大切なことを教えられる人になりたいなぁ…ベントレーも欲しいけど笑

 

そう思った今日でした